HOME>イチオシ情報>目立たない矯正方法とリスクの軽減ができるのが大きなメリット

歯並びの悪さは様々な影響をもたらします

歯とマウスピース

大都会・東京では歯並びの美しさが求められる職業も多く、社会人になってから歯列矯正を行う人が年々増えています。歯並びがきれいになれば人と話したり笑ったりすることに自信が持てるようになり、発音も聞き取りやすくなります。食べ物もしっかりと咀嚼できるため、美容や健康の面でも大きなメリットをもたらしてくれます。つまり歯並びが悪いままだと様々なことに悪影響を及ぼしかねず、コンプレックスを抱えてしまう人も少なくありません。東京では目立たない矯正方法であるインビザラインが近年の主流で、矯正しているのが分からないほど目立ちにくいところが特徴です。普段と変わらない生活をしながら歯並びをきれいにすることができますので、矯正装置による見た目も気にすることなく矯正できる点が魅力となっています。

目立ちにくいところが一番の特徴

マウスピース

インビザラインは透明のマウスピースを使って行う歯列矯正で、取り外しも簡単に行えます。東京の矯正歯科クリニックでは歯の表面にブラケットを取り付け、ワイヤーをかけて行う従来型の矯正も手掛けています。しかしブラケットやワイヤーが銀色をしているため、話をしたときに矯正装置が見えてしまうことから敬遠されがちです。また金属が口腔内に接触して頬粘膜を傷つけたり、口内炎の原因になることも少なくありません。一度接着すれば外すことができないブラケット矯正に比べて、インビザラインは外したいときには自分で外すことができます。インビザラインは目立つことなく矯正できるという点が、一番の特徴であり魅力となっています。

虫歯や歯肉炎のリスクが軽減できる

マウスピース

ブラケット装置を接着して行う歯列矯正は、どうしても装置に食べ物が残りやすいという難点を持っています。東京の矯正歯科クリニックでは歯列矯正中に虫歯や歯肉炎にならないよう、ブラッシングの徹底指導を行っていますが、リスクはかなり上がってしまうのが実情です。その点インビザラインは取り外しができるため、矯正中でもこれまでと同様のお手入れが出来ます。外して食事をした後に丁寧にブラッシングをし、再度はめれば虫歯や歯肉炎になるリスクは大幅に下がります。またインビザラインそのものも水洗いすることが可能ですので、常に清潔に保てるのが特徴です。